新春

明けましておめでとうございます。

2019年がスタートいたしました。

レフェクチュールはおかげさまで、設立15周年を迎えることができました。

15周年を迎えることができましたのも、お客様はじめ、皆様のおかげと

心より感謝いたしております。

また心あらたに、初心を忘れず常に感謝の気持ちをもって

レフェスタッフ一同で、歩んで行きたいと思っておりますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

新年を迎えるにあたり、我が家では毎年おせちを作って家族でいただきます。

おせちを作るのは大変ですが、家族が喜んでくれるので、

毎年頑張って作っております。

恒例の繭玉も今年はとても大きくて、とても華やかになりました。

 

 

 

 

 

春に向けて

お花のドレスのリクエストがありましてこの春は、オレンジ色のバラの花の、

カラードレスを制作いたしました。

あざやかで華やかな、可愛らしいドレスに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

ウエディングドレス

シンプルで華やかなドレスです。

フランスのレースにパールビースをふんだんに使用しております。

スカートの裾がゆらゆらと軽やかに踊ります。

 

 

 

 

 

 

 

師走の候

今年も残すところあと数日となりました。

昨年6月には新店舗に移り、今年初めての新年を迎えることができました。

これもひとえに皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

昨年奈良の十津川にあります熊野三山の奥座敷にあります、玉木神社にお参りに参り
ました。

雲を望む山の頂上に、日本古来の神々が祭られているあらたか神社です。

日本有数のパワースポットでもあります。たくさんのパワーをいただきました。

 

 

 

 

 

昨年の11月は京都南座の顔見世高麗屋三大襲名に伺いました。

新しい南座での襲名披露、歴史に残る艶やかな素晴らしいお舞台でした。

 

 

 

 

 

 

神無月

暑い夏が過ぎ、あたりの木々も徐々に色づいてきました。

10月に入り秋色もいよいよ濃くなりますこの頃。

 

 

 

 

代官山の大きな一軒家にアトリエを構えたレフェクチュールは、この白い空間で
photo studioをスタートいたしました。

 

 

 

 

 

 

七五三、ウェディングの前撮り、家族写真など、大切な家族の思い出を残す素敵な
空間です。

レフェのドレスを着ていただきました花嫁さんたちに、マタニティ、ベビー誕生、
七五三と末永いお付き合いができると とても幸せです。

 

 

 

 

私は着物のデザインもしております。

もともとは、レフェのお引きずりのデザインがきっかけです。

 

 

 

京都で素晴らしい職人さんたちとお仕事をさせていただいております。

 

 

 

舞妓さんの着物のデザインも致しております。

 

 

子供のころより日舞、長唄などのお稽古をしていることが、着物の制作に深くかかわりあっていると思います。

 

 

 

 

 

 

先日長唄の発表会が国立劇場で開催されました。

私は鏡獅子を唄わせていただきました。私の人生においてとても価値のある事だと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

秋のおもてなし

本当に若いころよりアンティークのお皿に魅了され今にいたっております

江戸時代のお皿はモダンで今の時代にも生きつづけております。

色の鮮やかさ、描く模様の美しさ、大切に残していきたいものだと思います。

 

 

 

 

 

 

夏が来た

例年になく梅雨が早く上がり、7月に入り七夕が過ぎ、暑い夏がやってきました。

 

レフェも新しい一軒家に移り3週間が過ぎました。

緑に囲まれたメゾンはとてもリラックスができ、外国のお宅にお邪魔したような感じですとお客様には大評判です。

 

ミラノのブレア美術館の近くのアンティーク屋さんで20年前に購入したシャンデリアです。

100年以上前のエレガントなシャンデリアがレフェのお店で輝いております。

 

 

 

 

 

スタッフ全員で育てている草花も とても元気に育っております。

 

 

 

 

 

 

アンティークなどこだわりの小物がお部屋に華を添えております。

 

 

 

 

 

 

秋に向けての新作ドレスの制作を始めました。

フルーラ、お花をテーマに制作中です。

 

 

  

 

 

肩から背中にかけて透明なチュールにお花があしらわれて、

まるでお花をまとっているようなドレスです。

 

 

 

 

 

 

 

同時に夏のお着物の制作にもかかっております。

萩、桔梗などの透かしの生地に、薄紫の色付けが涼しさと鮮やかさを表しております。

絵付けは、桔梗、萩、菊などのお花が、風にそよそよとなびいているようです。

着物の制作は、四季折々の草花でその季節を楽しむことができます。

 

   

 

 

  

 

これからまた秋にかけての制作が始まります。

皆様秋の新作をお楽しみに。

 

 

 

春うらら

春本番、桜が満開です。

どこの道を歩いても、桜の花が美しく咲いています。

 

 

青い空にピンクの桜が咲き乱れ何とも言えない美しさです。

 

 

 

夜桜もまた昼間の顔とは違う華やかな美しさを放っております。

 

 

 

 

レフェでは、昼間の桜と、夜桜の着物を制作いたしまた。

またはらはらと散っていく桜の花にも風情を感じます。

 

 

如月

春の訪れもまじかです、先日箱根神社にお参りにいってまいりました。

芦ノ湖にのぞむ鳥居、太陽の光に照らされてとても美しく幻想的でした。

 

 

 

九頭龍人様と、白龍神様とても力の強い神様です。

 

 

 

 

 

我が家の梅が咲きました。

とても珍しいしだれ梅です。毎年春の訪れを感じます。

 

 

 

 

新年

あけましておめでとうございます。

2018年新しい年の始まりです。

毎年お正月にはレフェスッタフ一同で氷川神社の氏神様にお参りに参ります。

 

 

 

 

年の初めはじめは、おせち料理でお祝いをいたします。

我が家のお雑煮のルーツは鹿児島です。本当に具だくさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

師走

今年も残すところ数日となりました。

今年一年レフェクチュールを支えていただきました皆様に、心より感謝とお礼を申し上げます。

 

 

 

 

今年も沢山の出会い、ご縁をいただきました。

このご縁を大切にはぐくんでいきたいと思います。

 

 

 

 

花嫁様にとても人気のカットレースのドレス

お花の部分を一つ一つカットして、バランスよくつないでいきます。

レースをつなげていくバランス感覚もとても大切で、手間のかかる作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春に向けて、カラードレスの制作をしております。

 

 

 

ピンク、イエロー、グレー、レッド、とてもレフェらしさが漂う素敵なドレスです。

一着づつご紹介させていただきます。

 

今年もたくさんの花嫁、花婿さまの幸せのお手伝いをさせていただきました。

ありがとうございました。

来年もレフェスタッフ一同で、心を込めてお二人の幸せのお手伝いをさせていただきます。

皆さま よいお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

師走月

今年も残すところ1か月となりました。

12月は、クリスマスに続きお正月と行事が続き心がうきうきといたします。

街ではクリスマスの装飾が華やかで、夜にはイルミネーションが美しく輝いております。

  

 

 

 

 

 

12月になりますと、ヨーロッパのショップのウィンドウにはクリスマス、

新年のためのドレスがディスプレイされ 華やかに街を彩っております。

レフェのディスプレイもクリスマスの装いです。

 

 

レフェではドレスだけではなく、ヘットアクセサリーもオリジナルで制作しております。

カメリア、レース、ちようちょなどレフェのドレスにあわせてコーディネートをいたしております。

 

 

 

 

 

 

レフェでは着物もオリジナルで制作しております。

四季の移り変わりに伴い、変化していく紅葉、菊、春の桜など、四季折々の花々な
ど、花嫁衣装に描いております。

 

 

 

 

 

今では、本友禅を手掛ける職人さんが少なく、本当に貴重な芸術作品です。

日本の花嫁様には、お着物も来ていただきたいと、心より願ってております。

 

神無月

ふらりと散歩をしていると、秋の色草が目に入ります。

すっかり秋を感じる今日この頃です。

 

 

 

私は1950〜1960代の洋服が大好きです。今では貴重な織の生地や手の込んだ刺繍。
私のドレス作りの原点です。

 

 

 

 

 

 

レースや刺繍、ビジュを使って制作するウエディングドレス
そんなドレスを作れる私はとても幸せです。

 

 

 

 

 

 

 

ふんわりと弾むように軽やかなシルクのオーバースカートを外すとモダンなAラインドレス

 

 

 

 

 

30年間も一緒に働いて頂いている、二人のお誕生会です。
感謝、感謝の一言です。
ありがとう♡♡