手描き友禅 お引きずり

桜の花も咲き始め、少しずつ春の訪れを感じる季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

鹿児島の春、桜がとっても綺麗に咲いています♡♡♡
ポカポカ陽気のなか、のんびりとお散歩したりドライブしたりと最高な季節ですね✨✨

 

 

 

 

今回ご紹介させて頂く衣裳は、本手描き友禅 お引きずり『糸巻き』です。

 

 

『糸巻』は、糸巻きを文様化したもので、どこまでも続く長い糸は終わりのない命、不老長寿や子孫繁栄を意味し、また華やかな衣装の材料になる事から富裕をも意味するめでたい文様です。
古くは祈りのシンボルとされ、近世では「美」を表現する物として用いられている器物の文様のひとつでもあります。
糸巻きに四季の花々をあしらった清らな文様にレフェらしいエッセンスを入れモダンで粋な着物に仕上げました。

 

 

花嫁様の和装のお衣裳といえば、白無垢や色打掛をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
本振袖は、「お引き」「お引きずり」とも呼ばれる婚礼衣装の一つです。
白無垢・色打掛と違い、帯が外に出てくるため小物の合わせ方などで、自分らしい着こなしをすることが出来ます。

 

 

 

 

レフェでは、オリジナルの本手描き友禅の本振袖もご用意しております。
素材・柄・技術にこだわり作り上げたお着物となっております。
ぜひ和装のご試着もお待ちしております。
季節の変わり目ですので、体調など崩されませんよう
お気をつけてお過ごしくださいませ・・・。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。