新作 色打ち掛け

かつて白無垢に比べ正装としての役割は薄かった色打掛。
室町時代から江戸時代にかけて防寒として着物の上に
もう一枚別の着物を羽織る打掛姿が武家の女性の正装になっていき
豪華絢爛な美しさから、裕福な町人や豪農にも広がり
やがて婚礼の際に正装として広まってゆきました。

 

 

 

 

二条城は世界遺産として指定を受けました。
その中でも、二の丸御殿の屋内を飾る豪華な障壁画をモチーフにとり
鮮やかに彩る様を描きあげました。
芍薬は螺鈿箔であらわされていて
貝殻の内側真珠層の部分を織り込んでいて
古典的な中にも華やかさを表現します。

 

 

 

 

金色は富貴、豊穣などを意味する色で
装飾品として身分の高さを表す色なので高貴で神聖な色とされています。
神聖な婚礼衣装にふさわしい
美しく、モダンなお着物です。
皆様ぜひ一度ご覧ください。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。